仕事を受けるのに料金を請求してくるような相手は要注意

管理人の場合、ウェブライターなどといった形でインターネットを介しての在宅ワークも手がけていますが、在宅ワークの場合、「仕事をしたのに代金を払ってくれなかった」などというトラブルを聞くことがよくあります。

まともな業者にしてみれば迷惑極まりない話ではあるのですが、個人情報収集などを目的に、最初から報酬を払う気などまるでないのに在宅ワーカーを募集している悪質な企業があることも事実です。

これについては、契約前にグーグル検索で相手先の評判を検索してみるのは基本中の基本ですが、登録料がいるなどと言ってきたり、まずは事前講習を受けてもらうのでテキスト代が必要と言ってくるなど、仕事の発注にからんで金銭の支払いを要求してくる相手は要注意と考える方が無難です。

仲介サイトで仕事を探す

在宅ワークの案件探しの方法として、 ランサーズ(Lancers) のような仕事を頼みたい人と仕事を受けたい人を結びつけるマッチングサイトを利用するという方法があります。

ランサーズでは、手軽に始められそうなものから専門的なものまで、要求スキルも 得られる報酬も様々な仕事が紹介されています。

ただし、どんな仕事でもやるときは誠実に取り組んでいくことが大事です。

クラウドソーシング「ランサーズ」


【送料無料選択可!】Lancersで始める!あなたの「特技」をお金に変える本 ランサーズ公式ガイド...


inserted by FC2 system